ヘルメットで髪がぺったりなることへの対策

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

バイク乗りのヘルメットによる髪型対策

バイク乗りの永遠の悩み。長時間乗るとヘルメットの圧力により髪がぺったりと癖ついてしまう。そんな有史以来の悲劇的状況を改善してくれるというのが今回購入したこれです。


トゥー・ホイール・クール(TWO WHEEL COOL) ヘルメット用ベンチレーションライナー エアーヘッド



構造的にはシンプルそのもので、シリコン製のトゲトゲのついたクッションを、ヘルメットの裏側に貼り付けることで、このトゲトゲの部分だけ頭に接触することになるので、ぺったり癖が改善される、というもの。

 

 

実際に使ってみてのインプレ

まあ、実際どんなものなのかというのでとりあえず使ってみました。
 
通勤が片道35キロ・45分なので、普通の状態なら会社に着いた時点で、まあかなり髪ペッタリになってたのですが、
 
これを使い出してからはとりあえず気にならない程度には改善されました。
 
夕方に帰ってきて、合計1時間半のヘルメット時間となると、さすがにそれなりにペッタリですが、それでもカミさんに髪型を笑われることはなくなったので、改善されていることは間違いなさそうです。

効果に関しては、髪の長さに依存するところはあるかも。当方短髪なのですが、散髪したてて短ければ短いほどペッタリ度の改善は少なくなる気がします。

 

まああとは、このトゲトゲとバイクのエンジンによる振動は、なんとなく抜け毛に効きそうな気がしてます(笑)というわけで、ぺったり髪あるいは抜け毛に悩むライダーの方は、導入を検討してみるのも良いかと思います。(ほんとに抜け毛に効果があるかはわかりませんが)

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

バイクカバー購入

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

BOLTのバイクカバー

 
バイクを買い換えるにあたって、今まで使っていたバイクカバーがもはやカバーといえないくらいボロボロになってしまっていたため、思い切って同時に買い替え。
 
前回もネット通販でしたが、今回もネット通販です。
 
前回購入したものは格安だったのですが、わりと早い段階でエンジンの熱によって穴が開いてしまったので、今回はそこだけは注意して品を選びました。
 
どの商品みても、やっぱり格安だとエンジン熱による穴あきはついてまわるものなのね。
 
でも、格安より一段階ランクアップさせると、ほんの少しだけ選択肢が出てきます。今回はこちらを購入。

【300℃耐熱生地使用厚手バイクカバー】4Lサイズ
 
届いてみると、大きさも厚さも申し分なさそう。気にしていた耐熱もこれまで2か月ほど、真夏に走らせた熱々の空冷エンジンにそのまま被せるという過酷な状況での使用に関わらず、今のところ問題なしです。
 
大きめなので被せやすいけど、完全にフィットしているという感じでもないので、風が強いとめくれることもあります。
でも、これより1つ小さいサイズでうちのバイクを覆えるかどうかもわからないので、この選択で良かったのだと思っています。大は小を兼ねる、ですな。
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ジェットヘル購入

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

クルーザーに合うヘルメット

バイクが新しくなって、オフロード車→クルーザー(アメリカン)というジャンルも真逆のような乗り換えをしたので、ライディングギアもそれなりにTPOを考えなくてはならなくなりました。



とは言ったものの基本的にオフロードのKLXに乗っていたときも、コテコテのオフローダーの格好というわけではなく、基本街乗り中心のストリートバイクとして乗っていたところもあり、新しいバイクもクルーザータイプとはいえ、ヤマハの言い分によるとストリートバイクだ、ということなので、首から下は今までどおりでもまだ大丈夫かと。



ただ、ヘルメットだけはこれまでが完全にオフメットだったので、さすがに合わないよなあ、と思い思い切って新しく購入することにしました。



新しいメットの選択

まあしかし、メットもメーカー品だとそれなりのお値段しますし、予期せぬバイクの乗り換えで財布の中身も厳しい状態となってましたので、ネットで安いのを物色・・・。



ネットに売ってる安メットなんて品質的に大丈夫なのか?というところもあるかと思いますが、ちゃんと日本の安全基準の企画を満たしたSGマークのついたものであれば、安全性については問題ないとのことなので、いろいろと検討してみました。



安くてデザインも良いのだけど、SG規格じゃないものもチラホラありますが、それらは除外。



メットの形も悩んだのだけど、あまりにアメリカンなタイプだと、SG規格とはいえ安全性に不安があるし、フルフェイスだとクルーザーにはどうかなぁ、というところもあって、一般的なジェットヘルに。季節も夏だし調度良い。



サイズは先輩方のレビューをみると、「一回り大きいほうが良い」とのことなので、XLを購入。普段はLなのですが。実際に届いたものを被ってみると、うん、まあピッタリかな。マッドブラックが車体の色とマッチしてなかなか良さそう。



新ヘルメットのインプレ

機能的にも最低限ベンチレーションもついてて、バイザーの上げ下げも問題なしあご紐の締め方だけなんか初めて見るタイプだけど、これはこれで使いやすいかも。


シールドもしばらく走ってみても日焼けで顔がテカテカになったりしないので、ちゃんとUVカットされてるっぽいですね。



あえて安いなりのところを探すとすると、重さかなぁ。試しに、手元にあったオフメットと重さを比べてみました。



しかしまあ、概ねコストパフォーマンスの良い商品だと思います。5000円以下で作りもしっかりしていますし。ヘルメットなんて消耗品でもありますからね。高いものを10年使うより、安いものでもマメに交換した方が安全を確保できるかもしれません。
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

YAMAHA(ヤマハ) BOLT(ボルト)に乗り換えました

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

大型バイクの購入

 
「いつかは大型」というベタな想いを胸に、大型免許を習得したのが5年前。その当時は400ccのネイキッドに乗っていました。



その後、16年乗り続けたその400ネイキッドをとうとう乗り換える機会となったときも、「免許とったんだから、乗ろうとすればいつでも乗れる」と思ったことと、経済的な理由から250ccオフロード車への乗り換えを選択。



初のオフロード車は林道などそれなりに楽しく乗っていたのですが、舗装路の走りに物足りなさを感じたことと、経済的に少し余裕が出てきたこと。さらには「このまま『いつかは大型』とか言ってたら乗らないまま終わってしまうのでは」というちょっとした危機感から、わずか二年で乗り換えを検討することに。



大型といってもリッターサイズからミドルサイズ、車種もスーパースポーツからクルーザーと多岐に渡るわけで、まずはそこそこの絞込みを行うところから始めました。

 

試乗による検討 MT-09 or BOLT

ロングツーリング主体のメガスポーツは要らないな、サーキット走るようなスーパースポーツもちょっと・・・速さより乗り味重視かな、ということで、まずはKAWASAKIのW800あたりかなぁ、なんて思って行きつけのバイク屋にいったところ、2台の試乗車と出会いました。YAMAHAのMT-09と、のちに愛車となるBOLT。


IMG 2912

全く予備知識も先入観もなく、「そこにあったから」という理由で試乗してみたところ、MT-09はとにかくのっけからものすごく「楽しい」! アクセルにリニアなエンジンといい、ちょっと回しただけでフロントが持ち上がりそうになる軽さといい、これまでにない新鮮な感覚。



次に乗ったBOLT。鉄馬臭い外観。またがったクルーザー感。あまりこのタイプに今まで興味持ったことなかったので、これはこれでなかなか新鮮でした。前に試乗した883Rより元気が良いエンジンも好印象。どこかが桁違いにすごいとか、無二の特徴を持つ、というわけではないけど、生活にしっくりと来そうな印象。


IMG 2897

その後、間をおいて都合三回ほど両車を乗り比べたところ、MT-09の方は何故かどんどん「ちょっと違う」感が強くなっていってしまい、逆にBOLTはじわじわと好きになって来たのと、その試乗車を格安で卸してくれるというバイク屋の好意(というか戦略?)により、ひと月ほどで購入を決意したのでした。
 

 

実際に購入して

あらゆるところで生活にマッチしそうだな、という印象が強かったBOLTに比べて、MT-09の方はこれだけ元気が良いと、どうにも持て余しそうで、インパクトとは裏腹に購入したいという衝動は尻すぼみになったのかも。





あとは外観の好みは圧倒的にBOLTでした。これって、結構大事な要素なんですよね。


IMG 2970


まあ、そんなわけで手に入れた新しい愛車。実際のインプレはまたの機会に。
LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

トゥルースリーパープレミアムとairポータブルマット

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

腰痛解消のため

 

いつの頃からか、軽い腰痛持ちになってしまいまして、まあ、デスクワークだから仕方ないのかな、などと諦めていたのですが、もしかすると寝具が良くないのではないかと思い、いろいろと調べてみました。
 
うちの寝具は床にマットレス+布団という「オーソドックスな昭和の日本式」な構成なのですが、まあ、特にこれが腰に悪いという情報も得られなかったのですが、ものは試しということで、最近流行りの高級マット類を試してみることに。


トゥルースリーパープレミアムのインプレ


まず最初に試したのが、多分通販などでもっとも有名なのではないかという「トゥルースリーパープレミアム」。返金保証が有ったので、躊躇なく購入出来ました。






早速使ってみると、おお、なかなか良いのではないか?二三日で腰痛が解消!さすが通販であんなに騒がれてるだけあるわ!と最初は良かったのですが・・・
2,3週間たってくると、じんわりと腰痛が復活してきたのですね。1か月弱でこうなったのは、身体が慣れたからなのか、マットがヘタったからなのかは良くわかりません。その後数週間たって、腰痛の度合いが最初と変わらないくらいになってしまったので、残念ながら返品のはこびとなりました。


トゥルースリーパープレミアムの返品


この商品、1か月使ってると寝てた場所がひどく変色します。返品するのを躊躇するくらいに(笑)。それから、届いた箱を使って送り返すのがベストだと思うのですが、かなり圧縮された状態で送ってくるので、最初の箱に詰め込むのにひどく苦労します。返品するのがめんどくさくなるくらいに(笑)
まあそれでも高い商品なので、我慢して使うのもバカバカしいし、頑張って返品しました。返品したあとはお金が戻ってくるまでは非常にスムーズでした。


西川 Airのインプレ


その後、諦めきれなかったので別の製品を検討。西川の「Air ポータブル」です。こちらは返品保証が無いのである意味賭けですが、あの「キングカズ」が使ってるものなんだから間違いはないだろう、という根拠のない理由で購入です。

最近はかのネイマールも使っていて、信頼度アップですね(笑)





さて、使ってみると、うん・・・今までの「昭和の日本式」構成よりはマシかな?でも完全に腰痛が良くなるわけでもないし、よくわからん。という第一印象。非常に地味な印象です。まあ、返品も出来ないしとりあえずしばらく使ってみるか、と思って使い続けていると、いつの間にか、完全に腰痛がなくなりました。



この商品、第一印象が地味すぎてどういう理屈で腰痛がなくなったのか良くわからず、もしかすると同時期に始めたランニング+ストレッチの効果なのではないかとも思ったのですが、少なくとも悪化はしないようだし、なにより快眠ですね。
特に夏は、ボコボコの表面により布団と身体の間に隙間が出来るからか、寝苦しくなくて非常に良いです。



最初は快適でも一月で元に戻ってしまった「トゥルースリーパープレミアム」と、最初の印象は地味だけどいつの間にか腰痛がなくなった「Air ポータブル」。自分の身体にあったのは後者のようでした。あくまで、個人差のあるものだとは思いますが。


あと、ある程度アスリートというか、筋肉質の人に向いているのかもしれません。運動不足気味の人にはいまいち合わないこともあるみたいです。

ちなみに、ポータブルなので丸めて旅行先に持って行ったりも出来る製品となってますが、まだ旅行先に持っていったことはありません。

ポータブルといっても、それなりにかさばりますしね。

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

SIMフリーiPhoneとMVNOへの乗り換え

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

MVNOへの乗り換え

iphoneを初めて購入したのは忘れもしない震災直後の2011年3月。当時はiphone4でした。その後、2012年12月にiphone5を購入。その間、キャリアはずっとsoftbankでした。

基本的に支払いは一括払いを選択して、月々の料金を抑えつつ使用する、というやり方で使っていた訳ですが、この間ふと月々の料金を確認したら、5000円オーバー…
最初にiphone4を購入した時は3000円台だったのだけど、LTEだとかテザリングだとかでコツコツと値上げされた結果こうなってしまったようです。



こうなってくると「一括購入してその後月々を安く済ます」という当初の目論見と大分かけ離れてしまったため、いろいろと検討。最初はMNPによるキャッシュバック+本体0円なんて方法も考えてみたものの、かきいれ時の年度末を過ぎてしまったからか、なかなか良いキャンペーンとかもやっておらず・・・。



そんな中、ふとMNVOの情報を入手しまして、その方向を検討してみることに。知らない人のためにざっくり解説しますと、MNVOってのはDocomoやらauやらの「余ってる回線」を別の業者に貸し出すことで、安く携帯を使えるようになる、という仕組みのことですね。Docomo様ら大手キャリアはそんなことしても一文の得にもならないからやりたくないみたいですが、総務省あたりから言われて仕方なく、ということのようです。






MVNOキャリアの選択

まずは前提として、
・現在の携帯電話番号はそのまま使いたい
・メールアドレスは捨てても構わない(MNPした場合と一緒)
・LTEも使いたい
・月7GBは多すぎるけど、ストレス無い程度の通信料は確保したい
という条件で探してみました。まだ黎明期らしく、そんなに選択肢は多くない。



携帯番号を持ち越す(→MNP可能)で、LTEの通信料(自分の場合は月2GB)確保、ということになると、必然的にiimjioのみおふぉん一択になりそうだな、と。ちなみにMNVOだといわゆるキャリアメール(@docomo,@ezweb,@softbankのメール)は使えなくなります。まあ、最近はLINEでのやりとりが主流だし、LINE使ってない人にはgmailなりなんなり代用は可能なので、あまり気にしないことにしました。
通信料月2GBというのはまあまあ普通かと思ってましたが、周りの人をみるとみんな結構(5GBくらい?)使ってる人も多いようで、そうなると別のプランも検討しなくてはならないでしょうね。



さて、iimjioですが、ネットでの評判も悪くないようなので、この方向で決定。
まずはsimフリー端末を用意しなくてはならない。ということで、Apple オンラインストアでiphone5s 32Gを購入。なかなかの出費ですが、今後の月々の金額と相殺するための初期投資として割りきりました。ちなみに、Apple オンラインストアで購入したものは田舎の我が家にでも注文した翌日くらいにはすぐ届きます。恐るべし、Apple。




iimjio購入時の注意点

さて、端末は用意出来たのであとはMNVOキャリアと契約するだけなわけですが、実は今回選んだiimjioの場合、店頭での契約が出来ません。ネットで申し込み後、向こうでMNP手続きを行い、完了したらsimカードが送付されてきます。ということはどういうことかというと、申し込み~simが届くまでの間、携帯が使えない期間が発生する、ということです。個人的にはさほど問題ではなかったのですが、仕事で携帯が必要な人などの場合かなり厳しいと思われますので、はやいとこ店頭での即日MNPが実施できるようになってほしいところです。



iimjioは、購入場所がネットショップの他にいくつかあります。イオンやらビッグカメラなど。おすすめはビッグカメラですね。フリーwifiスポットの使用権が付いてきます。田舎でビッグカメラが無い、という地域の人は、ネットで買うか、コジマでも購入できます。

IIJ BIC SIM音声通話パック 【ビックカメラグループオリジナル】



MNP乗り換えは、店頭もしくはネットショップでパッケージを購入し、自分の情報と本人確認書類を送付してMNP手続きが完了してSIMカードが送られてくるのを待つ、という手続きになります。自分の場合、実際に携帯が不通になってからSIMが届くまでの期間はまる1日くらいだったと思います。




iimjioのインプレ

実際の使用感ですが、まずiphone5sは今更ですね。カメラの性能とかはあまり違いを意識してませんが、ログインとストア購入時の指紋認証については思っていた以上に重宝しています。ちょっと戻れないかも。プロセッサの違いによる速度の違いもそんなに意識してません。概ねパワーアップしてるので、不満はあるはずがないですが。
あとは、simフリーということで、海外に行った時にsimを挿して使えるということがちょっとしたメリットですかね。



iimjioのsimですが、思ったより快適です。高速通信と低速通信をアプリで切り替えられて、高速側が2GBまで使える、というプランなのですが、速度は手元の回線速度アプリで10Mbpsくらいは出てます。動画をガンガンという人だとまた別でしょうが、そもそも動画をガンガンの人は月に2GBでは収まらないだろうし、自分の使い方(メール、webブラウジング、SNSメイン)であれば実用には問題なし。



電波についても、元がDocomoなだけあって、山間部なんかはSoftbankよりはるかに繋がります。



低速の方は最大200Kbpsと言ってますが、使ってる限りではそれよりは速度出ているようです。画像を伴わないメールやTwitterなどなら、これでも問題なくつかえますね。



明らかなデメリットとして、テザリングが使えません。これはDocomo側が規制をしているのではないかという噂なのですが、今後世の中がSIMフリー化へ向かうの流れのなかで、この規制もいつかなくなってくれることを願っています。



なお、iimjioの場合、3大キャリアのようなアコギな2年縛りはありませんが、契約後12か月間の縛りのようなものがあります。乗り換えを考えている方はその辺りも念頭に置いておかれるのがよいかと思います。



まとめ

メリット
・月々の料金が安い。
・Softbankより電波の範囲が広い。
・SIMフリー端末は海外でも使える。
・煩わしい2年ごと縛りから開放される。(ただしiimjioの場合契約から12か月は縛りあり)



デメリット
・キャリアメールが無くなる。
・SIMフリー端末が必要。
・月の通信料2GBを意識する必要がある。
・テザリングが出来ない。
・MNP移行の場合、携帯を使用できない期間が何日か発生する。


LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

ラッカー塗装もOKなギターポリッシュ

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]

我が家にはギター・ベース合わせて4台あります。

 

IMG 3127

 

個人的にケースに入れっぱなしというのが好きではないので、ギターはリビングの手の届く位置にスタンドに立てて並べています。
リビングの一角に幅利かせてるので妻には不評ですが・・・。
 
 
そういうふうに置いてあると、マメに手入れをしないとどうしても埃とかで汚れてくるんですよね。
 
 
ウレタン塗装のやつはその辺のポリッシュで問題ないのですが、一台だけラッカー塗装のやつがいまして、Fenderのストラトなのですが・・・
 
ラッカー塗装については、なんとなく高級感はありますが、それ以上に気を使うものなんですよね。
 
基本的にクロスで乾拭きだと思ってて、リビングに置いてあることによるいろんな埃による汚れに苦戦していたのですが、だんだんと限度を超えてきまして、さすがに何とかしなきゃまずいだろう、と思っていたところ、見つけたのがこれ。

 
IMG 3128

 

FREEDOM SP-P-12 f54 shiner 65ml ギターポリッシュです。

 

ビンテージギターとかにも使えることを念頭に作られたポリッシュらしい。

 

ネットでの評判もなかなか。ということで早速購入して、ストラト君に使ってみたところ・・・

 

おお、キレイになった!シミにもならない!普通のポリッシュより若干値段が高い気もしますが、ラッカー塗装ギターの汚れが気になっている方にはおすすめです。

 

※当方では大丈夫でしたが、ご使用の際はパッケージにも書いてます通り、目立たないところで試してからのほうが良いかと思います。

 

LINEで送る
Pocket
[`evernote` not found]