Netflixがサービス開始したのでHuluやdTVと比較してみた(ついでにTsutaya TVも)

LINEで送る
Pocket

動画配信サービスとしては、かなり前からHuluを愛用しております。

が、ヘビーに使っているわけではなく、せいぜい気が向いた時に海外ドラマを
見る程度。月額分活用しているかは…微妙ですが。

で、「ウォーキングデッド」という海外ドラマをずっと見ていたのですが、
最新のシーズンに追いついたところで、Huluでは最新が見れないという
状況になりまして…

そんな折、DTV(当時はDビデオ)で最新シーズンが視聴可能ということで、
一年ほど前に月額500円で加入。

 以降は、HuluとDTV2つ購読体制になってます。まあ、被ってて無駄な部分も
大いにありますが、見れるものと見れないものがあるので、少額の出費くらい良いかな、と。

ここにきて、Netflexという第三勢力があらわれたので、さっそく
無料1ヶ月に申し込み。

さらに、TSUTAYA TVもサービス改定で見放題になったというので、
こちらもついでに無料30日申し込み。

こいつらを早速比較してみました。

HuluとDTVについての比較はいろんなサイトでやってるので
はしょります。
DTVはウォーキング・デッドの最新作のためだけに購読してる、
と言っても過言ではなく、Huluの海外ドラマのラインナップは
いつでも捨てがたいものがあります。

新しく申し込んだNetflixですが…現時点では一長一短ですね。
例えば、ブレイキング・バッド、プリズン・ブレイクなどは全シーズン
みれますが、24とかはシーズンが2つくらいしかないし、
ウォーキング・デッドに関してはどうやらラインナップに無い模様…。

やはり、Netflix については一番のキモは評価の高いオリジナルドラマ
ってことになりそうですね。

ですが、それ以外にも日本のドラマでも、アンフェアのTVドラマシリーズとか、
阿部寛の「結婚できない男」とか、江口の「救命病棟24時」とか、
数は多くないにしろ、「あ、これ面白かったよなー。も一回みたいなー。」
と思わせるような絶妙なラインナップがあります。
このあたり、なかなかのセンスを感じます。侮りがたし。

もう一方、新しく申し込んでみた「Tsutaya TV」に関しては、
「もう少しがんばりましょう」としか言えないです。

売りとしては、「見放題に加え、月二本の新作が見れます」
というところだと思うのですが、この「見放題」のラインナップが貧弱…。

で、新作も準新作も話題作もこの月二本(二本以上だと有料)の方に
なるので、まともに見れる「見放題」が本当に少ない…!

これでは他の動画配信サービスに太刀打ちは難しいのではないかなー。 

ということで、とりあえず無料の1ヶ月で、HuluとNetflixの
どちらを主軸に置くか、じっくり考えようかと。

(そもそも、どちらも契約と解約がすごく簡単なので、
月単位で見たい動画の有る方を切り替えるようなやり方が
良いのかもしれませんね。) 

LINEで送る
Pocket

BEBOP DRONE の保険に加入

LINEで送る
Pocket

本格的にドローンを趣味として始めるにあたって、やっぱり保険は必要だろうということで、さっそく加入しました。結論からいうと、JCBカードのサービスである「トッピング保険」の「日常生活倍賞プラン」というのに決めました。

まずは入るにあたってどのような選択肢があるのか調べてみたところ、思いのほか選択肢がないのですね。東京海上が7月からドローン保険を始めるとのことらしいけど、7月って遅いわ…。3ヶ月とはいえ、任意保険入らずにクルマ走らすようなやり方は出来ない。

ということでまずは「ラジコン保険」への加入を考えたのですね。ちょうど、BEBOP DRONEのパッケージにも申込用紙が入ってまして、まあラジコンヘリならスタンダードなのかな、と思いまして。

IMG 4299

こんな紙が同封されてた。

で、申込用紙に書込してたわけですが、途中でつまずく。技適番号のようなものを書く欄があって、それがどの番号なのかシロウトの自分にはわからんのです。さらに、この技適番号、調べてみるとどうやら「プロポ」に付くものっぽい…。自分が買ったのはSky Controller付きのものではなく、プロポとしてはスマホやタブレットを使うので、この場合はどうなるんだ…?と困ったのですが…。

まあ、こまかいことはこの保険を仕切ってるラジコン電波安全協会とやらに問い合わせればよいか、とホームページを開いてみても、保険のページに保証内容等に関する記載が一切ない。この時点でこの保険への加入はなくなりました。加入検討者に詳細を開示しないような胡散臭い保険に加入するとか、リスク高すぎですわ。いちおう、問い合わせ先は書いてるけど、そういう問題じゃないですよね。

で、ある情報筋から「JCBのトッピング保険というのが良いらしい」という話を聞いたので、調べてみたところ、とりあえず上記のラジコン保険よりはまともな情報開示がされてるっぽい。でも、ラジコンヘリのことはよくわからんかったので、電話で問い合合わせたところ、「趣味の範囲であれば、それが落ちたことによる他者への損害については保証される」というはっきりとした答えを頂いたので、安心して加入することにしました。月々130円。しかも、保証内容はラジコンだけに限らない。なかなか良い選択が出来たかな、と思います。

あ、ちなみに、「趣味の範囲で」と書きましたが、商用利用だと適用外になるとのことでした。

まあ、事故を起こすつもりはないですが、今日もiphone5sで操作中、Wi-Fiを50mくらいの上空でロストしやがりまして、それなりに風も強いしめちゃくちゃ焦ったという経緯もあったので、保険は重要かな、と。

ちなみにWi-FiロストしたBEBOP DRONE君は、仕様どおりに二分後に離陸地点に戻ってきました。ちゃんとしてるようです。でもまあ、250mとかってきいてたWi-Fiが50mで切れるのはどうなんだ、というところもありますが。

この辺りのWi-Fiの機種別の強さだとか、go home機能の実験とかは、今後いろいろと試してみようかと思っています。

LINEで送る
Pocket

ヨドバシの格安SIM「ワイヤレスゲート」を購入してみた

LINEで送る
Pocket

iphone使いのワタクシですが、なにをトチ狂ったかAndroidスマホを購入して二台持ちという、あまり一般的ではない選択肢を選んだことにより、新しいSimが必要な事態になりました 笑
 
購入当初は、「一枚のSIMを入れ替えて使う」「とりあえずテザリングで使う」なども考えていたのですが、やっぱり利便性の面で却下。
 
というわけでなるべく安く・・・と考えると、なんとヨドバシで月々480円のSIMが売っているというではありませんか。
ちなみに、メインで使っていたiphoneの方はIIJの音声通話付き4GBプランで、月々2400円位。ヨドバシSIMならSMS付きでも3千円くらいで運用できるな、ということで試しに購入。
 
当然格安なので、高速通信などはできません。いちおう、LTEには繋がるんだけど、サーバー側?で頭を抑えられるような通信制限がある感じです。
で、下り最大250kbpsって書いてあるのですが、実際に使ってみると、もうちょっと速度出てるっぽいですね。0.5Mbpsくらいは出るときは出ます。Twitterは楽勝。googleマップもまあ可能。facebookも画像はもたつくものの、記事自体の閲覧には問題なし、という程度にはなります。
 
正直、メイン機・サブ機の使い方次第ではこれで十分だろうな、と思いました。それでは自分は使い続けているかというと…。結局最終的には、IIJのプランを変更してファミリーシェアプランにして両端末とも高速通信で使うことにしました。
 
というのも、
①上に挙げたようなちょっとしたブラウジングには十分の速度だったとしても、自分がxperia Z ultra(ズルトラ)を購入したのは出先でも動画などを快適に見るため、というのもあったため、低速だとキツイ。
 
②じゃあ、SIMを入れ替えてiphoneの方に低速SIMを入れれば…ということも考えたのですが、これだと通信の方のニーズはぴったりだったのですが、音声通話SIMがズルトラの方に刺さってしまうため、あのデカイのを頭にくっつけて通話するのは抵抗がある 笑
 
③そもそも、快適性を増すために二台持ちにしたのに、通信速度のことなどでストレスをためたくない。
 
ということでちょっと投資して月々3700円、7GBの運用に落ち着きました。こうなると、MVNOのお得感がだいぶ薄れた感じですが、3大キャリアで二台持ちなどしたら1.5万円くらいかかるわけですから、まあ、良いかな、と。
 
IIJはこの度、追加SIMのMNPにも対応したとのことなので、のちのちはカミさんの携帯代も含めて三台運用できたらベストかな、と思ってます。
LINEで送る
Pocket

xperia z ultra(海外SIMフリー版)を購入したので今更インプレ

LINEで送る
Pocket

忘れもしない震災の年以来、丸4年近くiphoneユーザーなのですが、この度、Androidスマホを追加購入してしまいました。xperia Z ultra、通称ズルトラです。

 

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯

 
 
きっかけは、iphone6 plusです。6 plusが発売してずいぶんたちますが、ずっと「あんなでかいもんは使いづらいだろう」という思い込みのもと、iphone5sを愛用してきていたのですが…
 
 
あるとき、仕事でiphone6 plusを使う機会がありまして、いっぺんに考えが変わったのですね。「ああ、これはこれでアリの大きさなのかもしれない」と。
 
 
ですが、同時に思ったのが「このコンセプトだとこの大きさは小さすぎるな」というところ。で、家に帰ってしらべてみたところ、あるではないですか。調度良いのが。しかもソニー製。価格もこなれて激安。
 
 
幸いにもMVNOになってから携帯料金はずいぶん下がっていたので、いっそのこと2台持ちにしてしまおうかと。国内キャリア版などではなく、expansysから個人輸入の形で購入しました。保証がどうなるのか不安なところはあるけど、SIMロック版は買えません。
 
 
iphoneとandroidの二台持ちなんて、けっこうムダかと思いきや、今やどちらも手放せない状態になりつつあります。
 
 
普段使いはサッと取り出せるiphoneがメイン。ですが、喫茶店だとか、電車だとかで腰を落ち着けた状態になる場合は、ズルトラの出番です。webブラウジングも読書も捗る捗る♪
 
 
要するに、「スマホ」と「タブレット」の二台持ちのような感じです。かつ、こいつに関しては「ズボンの前ポケットに入れて持ち運べる」という部分がデカイ。おそらく、このポケットに入れて運用可能なギリギリのサイズだと思います。
さらに、iphoneとandroidの二台持ちであるので、「iPhoneならアレが出来るのに」「Androidだったらアレが出来るのに」という点を完全にカバーしてしまえるというメリットもあります。
 
 
Simについては、最初ヨドバシの480円Simを使っていたのですが、最近iphoneに刺していたIIJのプランをファミリーシェアプランに変更して使うことで落ち着きました。通信料も月7GBと十分だし、ストレスなく使えます。
 
 
さて、購入したのはグローバル版、所謂Simフリー版なのですが、いくつか注意点があります。
 
 
1.おサイフケータイ、フルセグが使えない
国内キャリア版は使えるらしいので、ここは明確な差になりますね。
 
 
2.掴める電波の違い
グローバル版にdocomoのMVNOなのですが、所謂「プラスエリア」というのが掴めない仕様のようです。ですので山間とかは結構弱い。同じ場所でiphoneの方はバリバリの電波なのですが、圏外だったりとか。
これをイケナイ方法で「プラスエリア化」してしまう強者もネットの世界にはいるみたいですが、ちょっとそこまでする気概はないですねぇ。
 
 
というわけで、ちょっとした欠点もありますが、なにしろ世界最大の画面サイズのスマホが3万円台で購入できてしまうのですから、興味ある方は購入を検討されてみてはいかがでしょう。便利ですよ、二台持ち。
 

LINEで送る
Pocket

電動歯ブラシソニッケアーの保証修理というか交換

LINEで送る
Pocket

電動歯ブラシとしてソニッケアを愛用しているのですが、なんだか最近力が弱いような…。
 
毎日使ってるものなので、「気のせいかな?」と思ったのですが、電気屋さんのデモ機を触ったら明らかに違う。
 
というわけで、サポートに連絡してみました。ソニッケアは2年保証ということで、購入して1年半くらいの品だったのにもかかわらず保証がききました。
 
保証書はどこにしまったかわからなくなっていたのだけど、Amazonの購入証明書みたいなものを一緒に送ってくれれば良いよ、とのことでしたので本体と一緒に送付。
 
しばらくしたら、なんと新品が帰ってきました。修理するより新品のほうがコスト安いってことか。いやしかし、これでゴリゴリと歯が磨けます。
 

LINEで送る
Pocket

ヤフオクで詐欺にあったときのお話

LINEで送る
Pocket

ちょっと前のことですが、ヤフオクで詐欺にあったのでそのことを書きます。

 
家の中のものをいろいろと整理する過程で、いくつかの物を出品しました。

その中のひとつのPSP。見た目にはまあまあキレイだったので、タイトルに「美品」をつけて出品。

 
 
でそのまま放置(←これが間違いその1)。そのうち落札されて、「入金しました」とのメールが届き、入金も確認せずに(←間違いその2)商品を発送。

 
ところが、しばらくすると落札者からの評価で「非常に悪い」がつけられました。詳細を確認すると「こんな傷だらけのものを美品で出品するとは何事だ。金を返せ」という内容。

ここでキョドって「返品に応じます」と返答してしまいまして…(←間違いその3)。

 
でもまあ、そこで初めて入金を確認したら、お金が払われてないんですよね。その時点で詐欺に気づけよ、ってなもんですが、なにしろ「悪い」なんて評価をつけられたのは初めてだし、「美品」も主観ではありましたから、「もしかして神経質な人が見たら傷があったのかなぁ」程度に思っていました。

 
入金されてないことを伝えると、「カードが止められてた」とかなんとか言い訳をしだしまして(そのことについて謝罪は一切なし)、「そのまま返品する」とのこと。

 
で、戻ってきたPSPですが、明らかに自分が出品したものと違う、見た目も中身もボロボロのものを送り返してきやがりました…。

 
ここでようやく、「なんかおかしい…?」と気付き、落札者に「別物ですよ」と伝えたものの、それからは全く音沙汰なし。

 
さて、恐ろしいのはここからの話なのですが、この時点で出品者である自分は既に「詰み」の状態でして、打つ手が一切ない、ということがいろいろ調べて解りました。

 
まずヤフオクに訴えるのがセオリーかとおもいきや、ヤフオクは「不正出品」に対する訴えは出来ても、「不正落札」に関する部分は非常に甘い。というか、品物が(別物であったとしても)こちらに戻ってきている以上、出品者・落札者のどちらが正しいのか判断できない、というようなことらしいです。

 
次に考えたのが警察に、ということですが、これも「明確なすり替えの証拠」が無い限り、被害届ということで取り合ってくれないみたいです。マジかよ、法治国家…。

 
唯一打てる手としては弁護士など雇って民事で争う、ということなどのようですが、たかだか1万円程度の取引にどれだけ経費掛けるんだよ…という点でどうにも踏み切れず。

 
というわけで、こういうのを「すり替え詐欺」というらしいのですが、これは引っかかったら負けが決定している詐欺なので、上記の「間違いその1~3」をちゃんとすることで未然にトラブルを防ぐことが大事ですね。

 
①入札は常にチェックして、怪しい入札者は即ブロック(今回の入札者も非常に悪いが多い常習犯だったようです)
②入金はちゃんと確認する(当たり前ですが)
③主観で美品であっても、「神経質な方は入札をお控えください」と「ノークレーム・ノーリターン」の文字は入れて、悪いと評価されても簡単に返品に応じたりシない。

 
まあ、①が一番大事ですね。③についても、返品にさえ応じなければ取引終了で、せいぜい悪いの評価が付くだけで済みます。返品されて詐欺にあった上に「悪い」の評価がつくとか、救いようないですからね…。(自分の場合は②があったために返品に応じざるをえなかったわけですが)
LINEで送る
Pocket

禁酒を半年間続けてみて、その後…

LINEで送る
Pocket

昨年の5月くらいに、ふと思い立って禁酒を決意し、きっぱりとお酒を断つこと半年ぐらいだったのですが…

今となっては、無事(?)お酒を解禁した毎日を過ごしています。

お酒を止めている間は、「そもそも毒で麻薬みたいなものなのだから、飲む必要は無い」という考えの元に日々を過ごしていたのですが…なんと、半年後の健康診断のエコー検査で「脂肪肝・隠れ肥満」の称号を獲得してしまいまして…。

お酒を止めたことで、まずは甘いものに走るようになりまして、夕食後のデザートは晩酌の代わりの楽しみになっていました。さらにさらに、お酒を止めた安心感からか、「食べること」への制限は一切無しになっておりまして、特にご飯・麺類という炭水化物が大好きなもので、「ラーメンライス特盛り」的な生活を続けてしまってまして…。

もちろん、運動は人並みにはこなしてましたし、ランニングも月に100キロくらいは走っていたのですが、この「糖分・炭水化物」というやつはなかなか強力なエネルギーの塊なんですよね…。

というわけで、まさかの「お酒を止めたことで脂肪肝になる」というトンデモな結末を迎えてしまいました。で、お酒を解禁して糖分・炭水化物を制限したら、3ヶ月で2キロ落ち、脂肪肝も解消されました。お酒を止めていた半年間で2キロの体重減少だったので、如何に糖質が生活習慣病にとって危険か、というところは 自分の中に深く刻まれた次第です。

まあ今となっては、お酒もやはり「毒で麻薬」なことにはかわりないのですが、あくまで飲み過ぎに注意すれば、いろんなところに有効なツールとして使えるんだな、というところに落ち着いています。いわゆる適量というやつはありますけど、そこも自分で見極めて身体に聞きながら楽しむのが良いのかな、と。

・楽しくなる程度には飲む

・朝起きるのがシンドイくらいに内蔵が疲れる飲み方はNG

・トータルの飲酒量が適量くらいに収まるように、休肝日でコントロール

というところがポイントかなと思います。特に3つ目。毎日3単位のお酒を飲むと飲み過ぎですが、2日に一回3単位であれば、トータルでは1.5単位くらいになりますし、そういう意識がまずは大事だと思っています。体調も体質もひとそれぞれなのだから、型にハマることだけが必ずしも正しいとは限りませんしね。

LINEで送る
Pocket

モバイルバッテリー(Anker Astro 10000mAh) インプレ

LINEで送る
Pocket

春のアラバキロックフェスにて、それまで愛用していたモバイルバッテリーを無くしてしまいまして(バッグが開いたままライブで動きまくっていた結果・・・)、新しいのを購入しました。
 
 
今までのも特に不満なく使っていたのですが、せっかくなので新しいものを物色して、一番コンパクトさと容量のバランスで納得のいくものを入手しました。
 
大きさはiphone5sくらい。厚さはもう少しあります。びっくりしたのは容量。自分の使い方だと2,3泊くらいの旅行なら、iPhoneの充電にこれを使い続けたとしても空っぽになったりはしません。
前の機種は二日くらいiPhone充電したら、モバイルの方にも充電が必要だった気がしますが、こいつは思った以上に持ちます。
 
欠点は、大きさに比べると思ったより重いところですかね。重さと容量はどうしたって比例すると思うので、許容範囲ですが。
 
LINEで送る
Pocket

我が家のスティック式温度計

LINEで送る
Pocket

料理とか飲み物の温度を測るための温度計です。
 
 
もともとは日本酒を燗つけるとき、温度の違いによる味の違いを極めるために購入したものです。味の違いを極める前に毎回酔っ払って味の細かい違いなどわからなくなるのですがね 笑
 
その後、自身の断酒とともに日本酒も飲まなくなったので、最近はせいぜいコーヒーを淹れるときのお湯の温度の調整に使うくらいです。
 
使い方はシンプルだし、すぐに測れます。本体の熱伝導とかの関係か、測る温度が安定した数値を出すまでは数十秒くらい突っ込んでおくのが良いかと思います。
 
LINEで送る
Pocket

湯田川温泉 湯どの庵に泊まってきました

LINEで送る
Pocket

庄内湯田川温泉の宿、湯どの庵に行ってきました。
 
湯田川温泉はメジャーに温泉観光を展開している温泉街というよりは、むしろ「ひなびた」「秘湯」的な雰囲気のある温泉宿です。
 
 IMGP1332
 
その中にある湯どの庵。静かさを売りにしているようです。
 
数年前にリニューアルした、とのことですが、全体的に黒を基調としていてとにかく落ち着いた雰囲気。
 
 
部屋でくつろいでいると、本当に静寂に包まれます。シーン…という音が聞こえてきそうなくらい 笑
 
 
お風呂は石風呂と檜風呂。夜8時に男女入れ替えなので、一泊の滞在でも両方楽しめます。
石風呂の方が露天もあって広い作りなので、好きだったかな。
 
料理もなかなかコジャレた感じで美味しかったです。客室が多くないので出来立ての温かい料理が食べられるのも嬉しい。
料理の内容には、個人的にはもう1つ2つ工夫が欲しかったかなぁ。
(お造りのなかの冷凍っぽいマグロは要らない、とか、メインの肉料理の具材の野菜はキャベツじゃないほうが良い、とか、ご飯についてくる香の物は浅漬の素で作ったようなのではなくて、本物のぬか漬けが良かった、とか)
 
あとは、せっかくくつろげるロビーがあるので、お風呂あがりのソフトドリンクサービスとかあっても嬉しかった気がします。
 
IMGP1320
 
まあ、要望というのもそれくらい。全体的にはコンセプトがしっかりしていてとてもよい宿だったと思います。
 
静かが売りの宿なので、お子様連れとかにはそぐわないかもしれませんが、「静かなところでゆっくりしたい」という人がいらしたら是非。オススメです。
LINEで送る
Pocket