TREK エモンダ S5のホイール交換考察(購入ホイール決定)

LINEで送る
Pocket

本日は開催まで一ヶ月を切った、「ツール・ド・さくらんぼ」の試走を兼ねて、寒河江市の葉山のヒルクライムに出向きました。

…これが激坂か。最初はスルスルと軽快に回していて、途中でGIANTのにーちゃんを1台抜いたりしてたのだが、後半の牧場近くになると手元のgarmin edge520で斜度12%以上の坂が延々と続きまして…心が折れた結果、ヒルクライムで初となる「降りて押す」という情けない状況に陥ってしまいました。足が売切れるってこういうとかー。二週前に蔵王を登った時もそこそこきつかったが、葉山はそれ以上です。正直、もう二度と登りたくない(笑)
タイヤを純正からコンチネンタルに変えたので登りも若干マシになったのかとおもいきや、なかなか思うようにはいきませんね。ちなみにコンチネンタルのタイヤの性能は登りよりもむしろ下りの安定感やらライン取りで大きな効果を感じました。 

とはいっても、本番に逃げ出すわけにもいかんので、新しく買ったホイールの力でなんとか登り切ってしまいたい…足をつかずに…。

散々悩んだホイール購入ですが、最終的にマビックのキシリウムエリートに決めました。「極力人とカブりたくない」という前提から行くとまあ無難な部類ですが…ゾンダよりは(少なくとも、自分の周りでは)少ないように思います。今年のモデルからなにやらISM4Dなるリムへの新技術が使われてるそうな。海外通販サイトを延々と回ってた中で、クーポン込みで56000円くらいで購入しました。タイヤもついてくるし、その分が前後で1万円と見積もったらまあゾンダともそんなに変わらんし、良いかな、と。

当初は、DT SWISSのホイールを一番候補で検討していたのですが、あまりにメジャーじゃないホイールは、気に入らなかった時にオークションでさばこうにも買い叩かれるんですよね。たとえものが良くても。まあ、新技術ISM4Dとやらで見た目も変わったようだし、そもそも今の鉄下駄からだったらどれを履いても間違いなく「格段に良くなる」と思うので、登りも少しは良くなれば良いなぁ。届いたら、またレビューしたいと思います。

それと、ホイールの他にもちょっと購入したものがありまして、こちらについてものちのちレビューしていければな、と思っています。はたして(メンタルへのプラシーボ含めて)葉山を足をつかずに登るれるような劇的な変化があるのかどうか。。。ですね。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA