Parrot BEBOP DRONE を買ったのでインプレ 〜開封の儀〜

LINEで送る
Pocket

昨年の秋くらいに4chのラジコンヘリ(安いやつ)を購入しまして、時間を見つけてヘタクソなりに飛ばして楽しんでいました。普通のラジコンヘリってやつは、楽しいんだけど操作が結構難しい。ホバリング(空中で静止させる)だけでもかなり舵取りに修練が必要でして(安物を買ったからなのかもしれないけど)

で、最近なにかとドローンとかクアッドコプターって話題になっていたので、P2V+とかいろいろ注目していたのですが、価格とカジュアルさと性能を兼ね備えたこの機種についてはかなり前から注目してまして、ようやく日本発売ということで、購入した次第です。というわけでさっそくレビュー。

Parrot Bebop Drone 1400万画素 魚眼レンズ カメラ付 クワッドコプター (レッド)

 

最初はSkyController付属のものを購入しようと思ったのですが、ヨドバシ.comで予約したものの、入荷未定。続いてappleストアで予約したものの、どうにも入荷日が定まらなさそうな…。

ということで痺れを切らしたようなところもありますが、appleストアにて単体購入。SkyController付属でないものとは税込みで倍額近く違うので、安い方に照準を切り替えるのは難しいことではなかったですね。唯一の懸案として、SkyControllerが後から欲しくなった時、単品で売り出してくれるかというところですが(現状では未定)、まあこの機種がそこそこメジャーになってくれれば、ビジネスの観点からは間違いなく単品販売もあるだろうと踏んで、単体での購入に踏み切りました。

さて、お約束の開封の儀。

IMG 4272

パッケージはこんな感じです。購入したカラーの写真の箱になっています。箱の質はけっこう雑な感じです。新品購入だけど、なんか表面はくたびれた感じに…。この辺は同じ海外製でもAppleとかとはちょっと違うところ。表面に配送時のクロネコのシールがべっとり付いていて、剥がすのに苦労しました。

 

IMG 4273

側面の説明書き。一応、日本語もありましたので、日本ローカライズ版だということがわかります。中に含まれていた説明書は英語、はもちろん、中国語(北京語と広東語の二種類)、ハングル、フランス語?あとよく解らないアラビア語みたいなのが2つ。なかなかグローバルな感じですね。ちなみに、日本語の枠はすごく小さくて、内容も「オンラインマニュアルを参照」みたいなことしか書いてません。現状では日本はメインターゲットではない、ということか。 (英語と中国語の記述の面積はすごく多い)

 

IMG 4274

裏面です。買ったのは単体だけど、SkyConrollerの絵もあったりして、やっぱりこれを見ると欲しくなります(笑)特に、ヘッドマウントディスプレイも使用した没入型というのに興味津々ですが、そこまでたどり着けるかどうか。

 

IMG 4276

中に入っている注意書きなど。全部日本語でした。ラジコン協会入会で2年間保険加入なんて申込書も同封。まあ、ラジコン協会は別として、保険加入はマストでしょうね。

 

IMG 4275

こんな感じで収められてます。組み立て済みですぐ飛ばせる感じ。この箱はそれなりにかさばるので、遠出するときのキャリーバッグなんかが後から発売されたら嬉しいかな。画像下部の箱はバッテリーチャージャーの電源アダプターが入っています。いろんな国のがセットで入ってるので海外でも充電には困らなさそう(笑)当面は、この箱に保管するしかないかなぁ。

 

IMG 4277

本体を出したところ。めちゃくちゃコンパクトというほどでもなく、でかいということもなく、実に丁度良いサイズ。手に持った感覚もなんとなく風に強そうなくらいの質感はあります。プロペラ部分などはともかく、ヘッドのカメラマウントあたりと、室内用のバンパーはスチロール製みたいでなんとなく安っぽい。まあ、コストと軽量化などいろいろ考えた上でベストの選択なのでしょうが。特にバンパーは雑に扱うと取り付けのときにでもすぐ折れそうなくらい軽いです。

分かりづらいですが機体後部の緑のランプがメインスイッチ。起動は早いですが、シャットダウンはやたら時間かかります。10秒長押し後、1分くらいしてようやく電源がオフになる感じ。

 

IMG 4278

本体とペアリングしたらすぐにファームが古いと言われました。wifiをインターネットに繋ぎ直してダウンロード後、再度本体側に繋いだらファームのアップデート開始。専用アプリを使った制御もなかなかスムーズです。

 

IMG 4279

ファームアップデート後、バンパーを装着して試しに室内でテイクオフ。ビビるくらいパワフルで、即停止させました(笑)。ちょっと我が家の狭い6畳リビングでは、ホバリングも厳しい感じです。とにかくすごい音と風が舞うので、基本は外で使うか体育館とかでやるか、ですね。でも、この写真の映像が実際にスマホ側に見えると、テンションはマックスに上がります(笑)こういう風景が見えることはいろんな動画とか見て知っていたわけですが、実際に扱うことになるとやっぱり未知の体験ですね。

以上がBEBOP DRONEの開封からセットアップでした。本日はあいにく天気が悪いため、初フライトは明日です。今日のうちに保険に入るか、それが難しいなら明日は極力無理せずのフライトにしようかと思います。

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA