ベトナム・カンボジアのSIM事情

LINEで送る
Pocket

ベトナム・ホーチミンシティと、カンボジア・シェムリアップを旅行してきたので、それぞれの国でのSIM事情についてです。
 
とはいったものの、実はベトナムでは現地プリペイドSIMは購入していません。
どこの国でも着いた空港でSIMを手に入れるのがベストなのですが、ホーチミンのサイゴン空港に着いたのが夜中の12時近くで(ベトナム航空は結構時間にルーズで、しょっちゅう発着が遅れるらしい…)、既にSIMを売っているショップも閉まっている時間でした。
 
そこで次の日に街中で手に入れようと思ったのですが、これがなかなか売っている店をみかけない。
日本のケータイショップみたいなところも見当たらないし、電気屋さんみたいなのも見当たらない。
午後になって、露店のようなところでSIMの文字を発見したものの、次の日の朝早くにはカンボジアへ行く予定だったので、たかだか数時間のために購入するのもなんかバカバカしくおもい、試しませんでした。
 
この売ってなさは香港に行った時と似たような感じだけど、香港なら電気街に行くとか確実に手に入れる手段がまだあるわけで、なかなかハードルが高かったホーチミンシティ。
極力空港で手に入れることをおすすめします。それがだめなら、水とか売ってる露店に聞いてみるのが近道でしょうか。
 
カンボジアの方は空港で入手できたので実に簡単でした。アライバルビザの手続きをして入国し、空港の出口にはホテルから出迎えに来た人でごった返してるわけですが、その出口に向かう途中に3件くらいSIMショップが並んでます。
 
いちばん混んでなかったところで購入。キャリアによって4GLTEが使えたりだとかちょっとした違いはあるものの、値段的にも使い勝手にもそんなに大差はないかと思います。
設定もお願いしたのですが、お店の人は結構手間取ってました。原因はおそらく、IIJのプロファイル。iphoneでIIJのSIMを使用するときはプロファイルを入れなくてはならず、入国前にSIMを抜いてプロファイルも削除しておいたのですが、プロファイル削除しても再起動しないとどうもその後の別の設定に影響を及ぼすみたい。
ですので、IIJの人はSIMを抜くのとプロファイル削除と再起動を済ませておくと、お店の人が直ぐにセッティング完了させてくれるかと思います。言語を一時的に英語にしておくとベストかも。
 
カンボジア・シェムリアップの電波事情ですが、かなりの田舎とはいえ観光立国カンボジアのメインコンテンツのような場所なので、かなり整備されてる印象です。
かなり山奥の遺跡にいっても繋がります。2Gだったりするけど。街中に至っては全く問題なし。
 
カンボジアに関しても、空港での入手をのがした場合、街中でもSIMが売っているかどうかは不明です。多分、売っているとは思うのだけど、見かけた記憶はないです…。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA