xperia z ultra(海外SIMフリー版)を購入したので今更インプレ

LINEで送る
Pocket

忘れもしない震災の年以来、丸4年近くiphoneユーザーなのですが、この度、Androidスマホを追加購入してしまいました。xperia Z ultra、通称ズルトラです。

 

Sony XPERIA Z Ultra C6833 LTE版(Black) 海外SIMフリー携帯

 
 
きっかけは、iphone6 plusです。6 plusが発売してずいぶんたちますが、ずっと「あんなでかいもんは使いづらいだろう」という思い込みのもと、iphone5sを愛用してきていたのですが…
 
 
あるとき、仕事でiphone6 plusを使う機会がありまして、いっぺんに考えが変わったのですね。「ああ、これはこれでアリの大きさなのかもしれない」と。
 
 
ですが、同時に思ったのが「このコンセプトだとこの大きさは小さすぎるな」というところ。で、家に帰ってしらべてみたところ、あるではないですか。調度良いのが。しかもソニー製。価格もこなれて激安。
 
 
幸いにもMVNOになってから携帯料金はずいぶん下がっていたので、いっそのこと2台持ちにしてしまおうかと。国内キャリア版などではなく、expansysから個人輸入の形で購入しました。保証がどうなるのか不安なところはあるけど、SIMロック版は買えません。
 
 
iphoneとandroidの二台持ちなんて、けっこうムダかと思いきや、今やどちらも手放せない状態になりつつあります。
 
 
普段使いはサッと取り出せるiphoneがメイン。ですが、喫茶店だとか、電車だとかで腰を落ち着けた状態になる場合は、ズルトラの出番です。webブラウジングも読書も捗る捗る♪
 
 
要するに、「スマホ」と「タブレット」の二台持ちのような感じです。かつ、こいつに関しては「ズボンの前ポケットに入れて持ち運べる」という部分がデカイ。おそらく、このポケットに入れて運用可能なギリギリのサイズだと思います。
さらに、iphoneとandroidの二台持ちであるので、「iPhoneならアレが出来るのに」「Androidだったらアレが出来るのに」という点を完全にカバーしてしまえるというメリットもあります。
 
 
Simについては、最初ヨドバシの480円Simを使っていたのですが、最近iphoneに刺していたIIJのプランをファミリーシェアプランに変更して使うことで落ち着きました。通信料も月7GBと十分だし、ストレスなく使えます。
 
 
さて、購入したのはグローバル版、所謂Simフリー版なのですが、いくつか注意点があります。
 
 
1.おサイフケータイ、フルセグが使えない
国内キャリア版は使えるらしいので、ここは明確な差になりますね。
 
 
2.掴める電波の違い
グローバル版にdocomoのMVNOなのですが、所謂「プラスエリア」というのが掴めない仕様のようです。ですので山間とかは結構弱い。同じ場所でiphoneの方はバリバリの電波なのですが、圏外だったりとか。
これをイケナイ方法で「プラスエリア化」してしまう強者もネットの世界にはいるみたいですが、ちょっとそこまでする気概はないですねぇ。
 
 
というわけで、ちょっとした欠点もありますが、なにしろ世界最大の画面サイズのスマホが3万円台で購入できてしまうのですから、興味ある方は購入を検討されてみてはいかがでしょう。便利ですよ、二台持ち。
 

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA