広島 安芸の宮島の穴場的観光方法

LINEで送る
Pocket

広島に出張で行ってきました。広島といえば安芸の宮島。日本三景ですが、観光地としては国内外から強烈な人気のある場所です。
なんでも、単位面積当たりの観光客の密度が何年も連続で日本一だとか。とにかく通りの移動もままならないような人混みらしいですね。
 
 IMGP0675
 
そんな宮島を、ほぼ独り占めのように観光できる方法があります。裏技というほどではないですが・・・
 
それは、ズバリ、「宮島に泊まる」という方法です。なんだそんなことか、と思われるかもしれませんが・・・。
 
宮島にはご承知の通り、フェリーでアクセスすることになりますが、このフェリーは24時間運営なわけではなく、夜中は動きません。
 
ということで宮島に泊まると、完全に本土とのアクセスを絶たれた状態で過ごすことになります。
 
さらに、宮島は日本一ともいえるくらいの観光地であるにも関わらず、宿泊できる施設はほんの一握りに限られています。
 
ということで、最終フェリーから翌日の始発フェリーまでの間は、ごくごく少数の観光客のみが宮島を堪能できることになるのです。
 
 
とはいっても、弊害もあって、まず観光地が夕方には閉まります(笑)
さらに、昼間は行列が連なる飲食店が軒並み店じまいしてしまい、夜に営業しているお店は2,3軒のみです。
 
これでは泊まる意味がない?いや、そんなこともないのです。
 
まず観光地についてですが、例えば厳島神社は朝6時半に開門します。ですので朝方観光に切り替えて一番乗りで神社に入ると、文字通り「神主さん以外誰もいない」厳島神社を堪能できます。
 
 
観光客でごった返す昼間の神社よりも何十倍も神秘的な雰囲気を味わえると思います。
 
夕食は基本的に宿で夕食付きプランにしてもらって、飲み食べ足りなかったら空いている2軒のお店に行けば良いかと思います。2件しか無いから混みあうかと思いきや、意外と普通に席につけます。
 
さらに、夜ならではの楽しみとして、ライトアップされた厳島神社を屋形船で見て回る「ナイトクルーズ」があります。
フェリーのある時間帯でもやっていますが、どうせなら泊まってしまって、帰りの時間を気にせずクルーズを楽しむのが良いかと思います。
 
 IMGP0571
 
そしてなによりも、人の少ない宮島は夜も朝も本当に神秘的です。千年以上の聖地の特別な空気を思う存分堪能できます。
 
自分が泊まったのは平日夜だったのでさらに人が少なかったのかもしれませんが、週末でも十分に少ないと思います。なにしろ、宿の数に限りがありますので。
 
ということで、安芸の宮島を本当に楽しむ方法でした。ぜひ、泊まりで訪れてあの空気を感じて欲しいと思います。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA