YAMAHA(ヤマハ)BOLT(ボルト)インプレ

LINEで送る
Pocket

YAMAHA BOLTに乗り換えて、1か月、1000キロ点検も終わったので、あらためてインプレしてみます。
 
950CC空冷vツインエンジン。馬力は400の4気筒ネイキッドとかと変わらないけど、トルクが倍以上あります。
単純にシリンダーの大きさだけ比較したら、SRのエンジン2つ分なのだから、そりゃあビッグスポーツバイクみたいな圧倒的なスピードはなくても、十分に走ります。400ccよりは圧倒的に早いです。全回転域で余裕がありますし。
燃費は平均して23キロ/Lくらいですね。通勤で、かなり長い距離の信号のない山道を走るので、街乗りで信号多かったりするともう少し燃費悪くなるかもしれませんが、それでもビッグバイクということを考えると十分。

 IMG 3230

そして、なによりも速さじゃない魅力のあるエンジンです。ノイズではなく、心地の良い振動。アクセル開けた時のグワっとしたトルク感。数字には出ないところですが、いわゆる「味」のあるエンジンなのではないかと思います。
こういうのは主観なので個人差有るとは思いますが、試乗してみてビビっとくるかどうかですかね。
 
車重は247kgと軽くはないのですが、重心が低いせいか数字ほど重く感じないです。以前乗っていた400ネイキッドと比べても同じかちょっと重いくらいの感覚。
ですので、街乗りでも取り回しに苦労することもないですし、「ちょっと近場に用事」とかでも駐輪場から引っ張りだすのにめんどくささを感じることもなく乗れています。
これの前は250オフロード車という実に軽いバイクに乗っていたのですが、その時よりもちょい乗りで引っ張りだす回数は増えたかも(笑)
まあ、それだけこいつを気に入って乗っているということなのでしょうけど。
 
高速は風よけがないのでダイレクトな風圧がしんどいですが、それさえ我慢すればエンジン性能には問題なく、そこそこの速度域のギア5速からアクセル開けただけでもストレスなく加速します。その辺はさすがのトルクです。
二人乗りのときとかもトルクの太さの恩恵は大きいですね。一人のときと遜色なく加速してくれますし。
峠を走るときもそれなりにスポーツ走行できるヒラヒラ感はあるのですが、ステップの位置が低いため、スポーツバイクのノリで気持よくバンクさせるとすぐに擦ります。もう少し倒したい、と思うときはあるので、ステップ交換などでおいおい調整しようかと思ってます。
あと、クルーザータイプだからか、スポーツバイクに比べるとフロントよりリアブレーキを使うことが多くなるので、慣れが必要です。スポーツバイクが前後9:1くらいで使っていたとすると、前後5:5くらいになった気がします。
そのあたりのこともあって、フルブレーキで後輪はロックしやすいかも。久々にアスファルトにブレーキ痕を残してしまった。前後の効かせ具合を調整させればもう少しマシになりそうですが、最初からABS付きのBOLT-Rを購入してしまうというのも良いかもしれません。

 IMG 3231

個人的に大事な部分として、「見た目がかっちょええ」というのがあるのですが、これに関しては文句なしですね。クルーザーっぽいけど、ストリートバイクといえなくもないし、自分のは全体が真っ黒で存在感も抜群です。
見た目がかっちょええってのは思いの外重要で、乗る度にニヤニヤ出来るってのは幸せなことだと思っています。

デザインの懐が広いので、この先ジジイになっても違和感なく乗り続けられると思ってます。
 
そんなわけで、全体としてべた褒めになってしまったのですが、それだけ気に入って乗ってるのでしょうね。
スポーツバイクとは別系統の「味」と「気持ちよさ」と「かっちょよさ」を備えたバイクだと思います。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA