バルセロナ・パリ旅行備忘録その1

LINEで送る
Pocket

2013-14の年末年始にバルセロナ-パリを旅行しました。航空券からホテルまで全て個人で手配したのは初めてだったのでそのときのノウハウなどを備忘録として残しておきます。
 
 IMG 2471
 

旅行準備

それまで二回ほど海外旅行に行っていましたが、一回目は添乗員付きのコテコテのツアー、二回目は航空券+ホテルのパックツアーだったので、全てを自分でやる初の旅行です。
 
まずは航空券ですが、年末年始ということもあり、半年くらい前から探し始めました。最初はホテル付きのパックツアーも視野に入れていたのですが、さすが年末年始、パックツアーも目が飛び出るほど高いのですよね。
 
それならば、ということで、いわゆる格安航空券を検索してみると、思ったほど高くない。いや、高いんだけど、パックツアーに比べるとまだ許容範囲。ということで選択の余地もなく個人旅行にチャレンジすることになりました。
 
いろんな格安航空券のサイトをみていたのですが、探し始めたのがもう既にちょっと遅かったようで、一番おいしい格安券は残ってない状態でした。
 
乗り継ぎ2回以上移動時間24時間以上とかなら安いけど、それはちょっとなあ…ということで、結局ANAの正規割引にて購入。値段は格安ではないにしろ、最短の便で行けるのと、地方から成田までの国内便が安くなるというのも大きかったです。
 
いろんな目的地を検討したけど、今回はバルセロナとパリという、ある意味王道の都市をめぐることにしました。
 
最初にミュンヘン経由でバルセロナ、それからパリの順番。
バルセロナには日本からの直通便が無いので、どこかで乗り換えする必要があります。
 
航空券があっさり決まったので次はホテル。これも有名なサイトが幾つかありますが、
 
今回利用したのはこちらのbooking.comです。
 
特にこのサイトを選んだ明確な理由が有るわけではないのですが、しいて言えばウェブサイトとアプリの使い勝手が悪くなかったし、値段もそこそこ手頃だったことですかね。
 
どちらも観光都市だということもあり、ホテルの方は航空券よりずっと取りやすかったです。予算にあって立地の良いホテルを選択。
ちなみに、バルセロナよりパリのほうが相場は高いようでした。
 
さて、事前準備として他に行ったのは、レンタルwifiの申し込みと海外旅行保険くらいです。
 

グローバルwifiについて

レンタルwifiについてはグローバルwifiを利用させてもらいました。事前にネットで申し込んで、成田で受け取る、という方法を選択。
他には自宅に郵送してもらうという手もあったようですが、郵送だと(留守などで)受け取りに手間取ると厄介なので直接受け取ることにしました。
 
wifiの貸出ですが、当然、国内キャリアのローミング定額よりもはるかに安いものの、国によって価格に違いがあります。アジアは安くて欧米は高いみたいです。
今回は欧州周遊プランとかだったので、一国よりさらに割高だったみたい。
 
で、wifiの機器ですが、この場合、国ごとに違うものを渡されます。今回はトランジットのドイツ含めて3つでした。(申し込みの時に訪問国を予めヒアリングされます)
この複数の機器がまた厄介でして、その国のものではないwifi機器で繋いでしまうとローミング状態になってしまうため、高額な通信料が発生してそれは自腹です、と貸出時に念を押されました。
ですのでドイツならドイツ用、スペインならスペイン用…と機器の電源管理をしっかりしておかなくてはならず(電源入ってたら勝手につながってしまうおそれがあるため)、けっこう気を使いました。
 
当然ながら、値段だと
国内キャリアローミング>>レンタルwifi>現地sim
ですが、
使い勝手だと
国内キャリアローミング>現地sim>レンタルwifi
だと感じます。
simフリーの端末で現地simを手に入れるというやり方が、一番おすすめですね。
 
海外旅行保険は、クレジットカードに付いているものも最近では多いですね。
ですが、「利用付帯」という条件のものも多いようです。「その旅行の代金をそのカードで払った場合」という条件のことですが、どこからどこまでが利用付帯の範囲なのか良くわからないので、この形式のカードでの保険で旅行をしたことはありません。
 
また、無条件で保険が付く場合でも、通常のカードの場合だと心もとない程度の保険しか付かない場合が多い(ゴールドカードなど高い年会費のカードの場合別ですが)ので、別途ネット海外旅行保険に入って行くことにしました。夫婦で一週間で5千円くらいだったかな。まあ、許容範囲です。
 
個人旅行で手配するのはそれなりに手間がかかりますが、昔に比べればネットで全て予約もまかなえるし、なによりパックやツアーに比べて海外旅行を計画することへの敷居がぐんと低くなります。
 
ハイシーズンでも料金はそこそこ抑えられますし、日程も自由に組めるし、現地でも自身の責任のもとで好きなことが出来ますし。
 
準備についてはこのくらいです。実際の旅行でのことについては次の記事に書きます。
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

CAPTCHA